自分の肌色は?(表参道青山の美容室ブルーフェーセス高森恭生のブログ)


こんにちは

今日は雪とか雨とか大変ですね。

めちゃくちゃ寒いので、家で時間があるので、少し為になる記事を書いてみます!

少し前に、「自分に似合う髪色は」というテーマで記事を書いてみたのですが、今回はもう少し突き詰めて書いていきたいと思います。

前回のテーマはこんなまとめでした。

瞳の明るさで8トーン以下の明るさの場合瞳と同じ明るさか7トーン位の髪の明るさがその人に合いやすい。
瞳の明るさで9トーン以上の明るさの場合は髪の明るさは、瞳と同じ明るさか10トーン位の髪の明るさがその人に合いやすい。
瞳の明るさが髪の毛よりも暗い場合は、肌をくすませる原因。
瞳の色が明るく、髪が暗くなりすぎると髪が重く自然に見える。

前回は瞳の明るさでのカラー診断でしたが、今回は肌の色のタイプのお話です。

まず肌色について説明します。皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、肌の色は4タイプの色があり、大きく分けると、ソフトタイプの肌色とハードタイプの2種類のグループに分かれます。

ソフトタイプとは、頬の色に赤みを帯びているので、顔の印象は優しい感じに見える。

1−1(ブライトスプリング)ソフトタイプの春的な色

(特長)頬の色が赤から赤橙の色味

IMG_8801

3−1(ブライトスプリング)華やかな雰囲気

ブリリアントスプリングは肌、髪が明度が高いのが特長で、明るく透明感のある雰囲気がある。

IMG_0124

1−2(パステルサマー)ソフトタイプの夏的な色

(特長)頬の色が赤紫から赤の色味

IMG_8802

4−2(パステルサマー)落ち着きのある雰囲気

パステルサマーは穏やかで優雅な雰囲気がある。

IMG_0127

ハードタイプとは、頬の赤みが薄く顔の印象がシャープでスッキリした印象に見える。

2−1(ディープオータム)ハードタイプで秋的な色

(特長)肌の色はほとんど赤みを感じず黄橙の色味

IMG_8803

4−1(ディープオータム)落ち着いた雰囲気

ディープオータムは深みがあり誠実な雰囲気がある。

IMG_0125

2−2(ブリリアントウインター)ハードタイプで冬的な色

(特長)肌に赤みは少ないが、唇の色は赤紫から赤の色味

IMG_8804

3−2(ブリリアントウインター)華やかな雰囲気

ブリリアントウインターは肌の色と髪や虹彩、(虹彩=眼球の黒目の外側部分)虹彩と白目の部分の明度差が大きい。メリハリの効いた大胆な雰囲気がある。

IMG_0128

今回は肌のタイプをなるべく分かりやすく書いてみました。次は肌とカラーのタイプを書きます!!!

The following two tabs change content below.
表参道の美容室ブルーフェーセスに勤務しています。趣味は仕事と写真(ヘタレですが)サロンワーク以外は海外でのセミナー活動もやっています。 ヘアスタイルに迷った時には是非ご来店ください!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。