ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは(表参道 青山美容室ブルーフェーセス高森恭生のブログ)


こんにちは

前回のパーマの違いに続いて、今回はストレートパーマの違いについてご説明します。

前回の記事→  いろんなパーマの違いについて

お客様との会話の中でよく聞かれるのが、ストレートパーマと縮毛矯正ならどちらがいいですか?

ストレートパーマって縮毛矯正の事じゃないの?と思っている方も非常に多いと思います。

どこのサロンも同じカテゴリーに入っている感じのメニューなので確かに分かりにくいかも。

IMG_9245 →IMG_9246

hair hamamoto kengo

そこで一般的なストレートパーマと当サロンブルーフェーセスのストレートパーマメニューをリンクさせて解説していきます。

当サロンには大きく分けてストレートパーマと縮毛矯正2種の、3メニューで展開しています。サロン名で、ソフトストレート(ストレートパーマ)、 スーパーストレート(縮毛矯正)、  ヘアコンストレート(ソフト縮毛矯正)という感じです。

もちろんサロンによってオリジナルのトリートメントや施術方法などがあると思いますが、だいたいのサロンさんは、この程度のメニュー構成だと思います。

それでは2つの違いを解説いたします。

ストレートパーマとは(当サロンではソフトストレート)

ストレートパーマとは、薬剤だけでストレートにするパーマです。各サロンによって考え方は異なると思いますが、成分はチオグリコール酸系やシスティン系やシステアミンなどクリームタイプの薬剤が多いです。効果としては、パーマを落としたり、全体のボリュームをダウンさせたりする効果があります。髪の毛のくせ(縮毛)などは伸びませんが、全く伸びないわけではなく、癖の強さは多少ダウンします。

仕上がりはナチュラルなので、普段からブローを苦に思わない方や得意な方は、ストレートパーマが向いています。(くせ毛の度合いにもよりますが)

yakuzai

縮毛矯正とは(当サロンではスーパーストレート)

髪の強いくせ毛を伸ばし、髪をさらさらにする効果があります。伸ばした部分は半永久的に伸びています。(ただし根元は当然くせで伸びてきますので維持するには根元のみの施術が定期的に必要)また、薬剤調整などをすることで、ピンピンになり過ぎない縮毛矯正も可能です。

基本ストレートパーマとの違いはアイロン操作によるところが大きいです。薬剤も種類はさほど違いはありませんが、縮毛矯正はストレートアイロンで髪に滑らせてクセを矯正するプロセスが入りますので、ストレートパーマ以上の艶、手触り、ボリュームダウンは実現しますが、長い目で見たとき確実にダメージが出てきます。髪の傷みに関しては、ストレートパーマよりも傷みます。

髪の強いクセを確実に抑えたい場合は縮毛矯正一択になると思います。

iron

まとめ

前回のパーマの違いにしても、今回のストレートパーマ&縮毛矯正にしても、いろんな薬剤やプロセスによっての仕上がりは違ってくると思います。そのメニューが自分の髪の毛に合っているのか?というのが一番大事になってきますので、パーマや縮毛矯正を予定している方は、この程度でも知識を得てから、サロンでしっかり相談して決めることをおすすめ致します。

ご質問など→   お問い合わせ

サロン→  ブルーフェーセス表参道

最新ヘア情報、美容室Q&A→  TAKAMORIKYOSEI.COM

The following two tabs change content below.
表参道の美容室ブルーフェーセスに勤務しています。趣味は仕事と写真(ヘタレですが)サロンワーク以外は海外でのセミナー活動もやっています。 ヘアスタイルに迷った時には是非ご来店ください!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。