メイクアップ初心者向け講座アイブロウ(青山 表参道美容室ブルーフェーセス高森恭生のブログ)


今回はアイブロウ(眉毛)について解説していきます。

前回までの基礎的な解説(コントロールカラー、コンシーラー、ファンデーション)も合わせてご覧下さい。

コントロールカラー

コンシーラー

3ファンデーション

メイクでポイントになるアイメイク。

それを引き立てるアイブロウ(眉毛)は、形を変えるだけでもかなり印象が変わってきます。

それでは描き方のポイントを解説していきます。

アイブロウ

眉毛の黄金バランス

image

眉カット

眉毛の黄金バランスを元に、基本的には眉上の眉頭部分と、眉下の眉尻部分をアイブロウコームで梳かしながら、余計に出てくる眉毛をカットしていきます。この時は1本1本カットしていくと、切り過ぎなどを防げます。梳かしながら生えグセをしっかり見てカットしてください。

IMG_9690

眉毛の描き方

アイブロウペンシルで眉山を起点に眉毛の密度が薄い部分に1本1本の毛のようにして描いていく。

※線は滑らかに密度を埋めていくようにしていく。

IMG_9689

ブラシを使い、アイブロウパウダーで眉山から眉尻と馴染ませるようにに描いて、眉山から眉頭は薄めに描いていく。(眉頭は淡いいろのパウダーを使用しても良い)

IMG_9684

スクリューブラシを使って図のように眉下のラインをボカシ馴染ませていく。ちなみに眉上の部分はラインを消さないようにするので、あまりスクリューブラシでラインを削らないのがポイント。

IMG_9687

 まとめ
  • 眉頭も濃く描かない。濃く描くと漫画みたい不自然になります。
  • 眉毛の形の顔のバランスを注意する。
  • アイブロウペンシルで密度を足して、パウダーで馴染ませる感じで描いていく。

サロン→  ブルーフェーセス表参道

最新ヘア情報、美容室Q&A→  TAKAMORIKYOSEI.COM

お問い合わせ

The following two tabs change content below.
表参道の美容室ブルーフェーセスに勤務しています。趣味は仕事と写真(ヘタレですが)サロンワーク以外は海外でのセミナー活動もやっています。 ヘアスタイルに迷った時には是非ご来店ください!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。